1. 訪問営業で相手先が不在だったときに印象を残すためにやっておくべきこと

訪問営業で相手先が不在だったときに印象を残すためにやっておくべきこと


 訪問営業の場合、飛び込みだと相手が不在という状況もあり得ます。そんなときに、どのような対処をすれば次回訪問、もしくはアポ取りに役立つのでしょうか。それを今回は書いていきたいと思います。

営業パンフを封筒に入れて渡す

 相手先が不在だったときに営業パンフレットや名刺を受付に渡しておくのは一般的だと思います。そこで、さらに工夫すべきなのは 封筒に入れるという点です。封筒は少なからずお金がかかっていますし、重要性を表現するという意味でもってこいだからです。

不在であることを確認したあとも表情を崩さない

 これは営業マンとして当たり前のことかもしれませんがちゃんとした意味があります。不在を確認しでも余裕の表情で封筒だけ渡して帰っていけば自信があるように見えます。それが受付やその他社員に印象付けば、不在だった相手にもそう伝わる可能性があります。そうすることにより、次回の訪問が有意義なものになりやすくなるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する