1. プレゼンで3分間話す為に必要な文字数とは?

プレゼンで3分間話す為に必要な文字数とは?


 プレゼンで大切なことは相手に上手に伝えるかということですが、上手に伝えることとたくさん話をすることは別問題です。言いたいことを全て伝えようとたくさん話をした結果、上手く伝わらないこともあります。プレゼンを行う時間には限りがありますので、時間を意識する必要があります。時間に見合った文字数なら問題はありませんが、時間に対して文字数が多ければ、結果として早口になる傾向があります。早口になると、よほど関心を持っている人でなければなかなか伝わるものではないのです。時間に対して文字数が少なければ、話が途中で切れる可能性があります。ですので、持ち時間に対してどのぐらいの文字数が妥当なのかということは、事前に確認をしておく必要があります。

3分間で適切な文字数とは

 ではプレゼンの場で3分間でどれぐらいの文字数が妥当なのかを考えてみることにします。3分間で話すなんてとんでもないと思う人もいるでしょうし、長すぎると思う人もいるはずです。プロボクサーの1ラウンドがちょうど3分です。この3分間にいろんな戦略をもって臨むのです。とすると、3分という時間は決して長くもなく、短くもない時間であるということが言えます。

 これは一般論ですが、人が1分間に話すことができる文字数は200~250文字が目安です。ですので、3分なら600~750文字となります。これはあくまでも目安ではありますが、この数字内で収まるように内容をまとめることが大切なのです。

 初めてのプレゼンなら特に文字数を意識する必要があります。先ほども述べましたが、3分の目安の文字を超えると、どうしても早口になります。そうすると、言いたいことが最後まで言えそうにないとあせりが出てくるはずです。あせりが出てくると、聴いている人にも伝わりにくいものとなってしまいます。そうならない為にも、1分間で話すことができる目安に持ち時間をかけた文字数の範囲内に資料を作成することが、上手にプレゼンをする為には必要不可欠なのです。

3分間での話し方

 最後に話し方についてですが、3分間だと棒読みになる可能性がありますが、決して原稿をずっと見ないことです。原稿だけを見ていると声が小さくなることが多いのです。声が小さいと自信がないように感じます。そうならない為には、3分で話せる原稿に整理した後に、内容をよく確認することが大切です。丸暗記をする必要はないです。おおよその内容が把握できていれば、聴衆者の顔見ながら話ができるはずです。内容が伝わればそれでいいのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する