1. プレゼンで15分間話す為に必要な文字数とは?

プレゼンで15分間話す為に必要な文字数とは?

15分のプレゼンに適した文字数とは

 プレゼンで15分間スピーチするとなると、かなりのボリュームですが、資料作成の段階で気をつけなければならないことは文字数についてです。15分もあるのだからこれぐらい話ができるだろうと思っていても、予想より話の進行が遅れて後半は駆け足で話をするというパターンになることもあります。15分なら15分に見合った文字数というものがあるのです。

 ではどのぐらいの文字数なら適当なのかというと、3,000~3,750文字です。これには目安があり、1分間で人が話ができる文字数は200~250文字という目安があるのです。 

15分間聞き手を集中させる方法

 この文字数が多いか少ないかは発表者次第となりますが、15分という時間は短いようで長いです。ただ単に原稿を読んでいるだけでは聴いている人は退屈します。もしかすると居眠りをするかもしれませんので、気をつけることがあります。それは資料を作成する上でストーリーを考えるのです。

 15分を3分で刻む、あるいは5分で刻むなどして話にアップダウンがなければ聴いていてもおもしろくはないのです。ここでまず心得ることは、冒頭の5分間で聞く気にさせることです。参加者が全員積極的に来ているとは限らないはずです。中には、職場の上司から命じられて参加している人もいるはずです。そのような人にとって15分間人の話を聞くことは大変なことなのです。ただし、話の内容に興味が持てれば、大変な15分も有意義な15分に変わるのです。そうさせることが発表者の腕の見せどころですので、冒頭でどのような話で関心を引くかよく検討する必要があります。

 プレゼンで15分間話をする場合にもう1点注意することがあります。それは言いたいことを3つに絞ることです。15分という時間を考えればたくさんの事を伝えることができます。

 しかし聞き手の立場を考えると、プレゼンが終了して1時間も経過すると、ほとんど忘れるのが当たり前です。よほど関心を持って聴いているならともかく、そうでなければせいぜい2つか3つぐらいしか覚えていないのが普通なのです。ですので、言いたいことを3点に絞ります。その3点に沿った資料作りが大切なのです。

 もちろん文字数についても注意が必要です。言いたいことを3点に絞った上で、文字数も目安内に収まっているのであれば、資料としては問題なしです。あとは冒頭の5分で引き付けることができればきっとすばらしいプレゼンとなること間違いなしです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する