1. 新規開拓の営業で結果を出すために営業マンがとるべき方法

新規開拓の営業で結果を出すために営業マンがとるべき方法

 営業には大きく分けて新規開拓とルート営業の2つがあります。どちらももちろん大事ですが、売上を上げていくためにはやはり新規開拓が重要になります。今回は新規開拓で結果を出すためのポイントをご紹介します。

“自分”を競合と差別化する

 新規開拓ではいかに自分の印象を相手に残せるかが大切になります。どんなに良い商品を営業していても、相手の頭に残らなければ契約の可能性はありません。そのため、まずは自分を他の競合と差別化するようにしましょう。そのときに便利なのが「自己紹介シート」です。

新規開拓では、

これまで全く取引の無かった
法人や個人に営業をする訳ですから、

まずは、
自分自身をしっかりと覚えてもらうことが大切になります。


その為には、下記の内容を
お客さんにしっかりと伝えなければなりません。

●自分がどんな会社に所属している何者なのか。
●なぜ今回、そのお客さんを訪問したのか。
●自分はどんな商品・サービスを取り扱っているのか。
●その商品・サービスを購入することで、
 お客さんにとってはどんなメリットがあるのか。

したがって、

これらがきちんとお客さんに伝わる
自己紹介シートを作成します。

(中略)

また、これは極めて重要なのですが、

自己紹介シートには、

「今後も継続して、お客さんを訪問させて頂く旨」
を必ず書くようにします。

※これは、口頭でもお客さんへお伝えするようにします。

出典:【営業センスは一切不要!】誰でも確実に新規開拓の出来るシンプルな ...
 相手に自分の印象を残すことが新規開拓の一歩だと言えるでしょう。

一回断られても諦めない

 多くの営業マンは一度断れると「もうダメだ」と思い、その顧客を避けてしまいます。しかし、一度断られてももう一度アプローチする姿勢が新規開拓では大切になります。

アプローチして断られたら、
「次回訪問リスト」にそのお客様を加えるのです。

何でも根気よくアプローチする。

マーケットを広げていくには、
あとひと押しが欠かせないのです。

出典:営業の新規開拓方法とは - 飛び込み営業情報館!売れる方法と極意
 自分を差別化し、一度で簡単に諦めないことが新規開拓の時には大切です。初めてすぐに成果が出ると思わずに根気よく続けるように心がけてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する