1. 名刺交換の際に「名刺」を忘れてしまった時のマナーと対処法

名刺交換の際に「名刺」を忘れてしまった時のマナーと対処法


 営業経験者やお客様とお会いすることが多い立場の方であれば誰しも名刺を忘れてしまった時があるかと思います。本来であれば名刺を切らす、忘れるようなことは決して行ってはいけないことだが、例えば本社にお願いしていたものの機械トラブルで印刷が遅れている、もしくは手違いで違う所に行ってしまった等の諸事情があるかと感じますのでそのときの対処方法とマナーについて紹介します。

忘れてしまった場合必ず先に言ってしまう

 私の部下にもよくいましたが名刺交換の際に名刺を切らしていたらしくなかなか渡そうとしない方が時折見かけます。その迷っている時間が非常にもったいないです。お客様も貴重な時間を割いてまで私達にお会いして下さっているのに、そんなことのために時間を無駄にしてしまうのはお客様に対して失礼に値します。そのため、この時のマナーとしては初めに名刺を切らしている旨をお客様に伝えましょう。

 そして必ず後日名刺交換をする約束をとっておきましょう。そうすると今回の話し合いでもし何も無くとも後日またお会いできることができます。営業の現場ではこの手段を利用して今回失敗してしまったが、後日名刺を渡す際にもう一度説明しようと、わざと名刺を持ち歩いていない営業マンもいらっしゃいます。

 しかし、このような営業マンは多くの場数を踏んできた方です。そのため新入社員や数年しか勤めていないような方にはこの営業方法はお勧めはしません。反対になぜ持ってきていないのかと叱責を受けてしまいます。

名刺を忘れた時のためにバックに入れておくもの

 常に真面目な方であっても時折忘れ物をしてしまう時がございます。そのため名刺を忘れることもございます。その時に備えてバックの中に必ずあるものを入れておくと便利でしょう。それは自身を紹介する記事です。新人時代に何とかお客様に覚えてもらおうと一生懸命作成していた時期があるかと思いますが、この紹介する記事が忘れてしまった時に意外と役に立ちます。

 これで本当に大丈夫なのかと考えてしまいそうですが、お客様には意外と好感触で名刺より覚えてもらえるときがございます。ただし、ただ単に文字を羅列したような簡素な作りの記事では問題外です。例えば図式を挿入して目立たせたり、他の営業マンより覚えてもらえるような作成方法をとらなければいけません。しかし、あまりにも記事に力を注ぎすぎて肝心の営業を忘れないように気をつけましょう。

 
 最後に、名刺を持ち歩くと言うことはマナーの1つですので忘れること、もしくは切らしてしまうこと自体マナー違反にあたります。そのため名刺を切らしそうになったら必ず名刺を注文する、もしくは営業活動をしている時に切らしたら印刷やにすぐ注文するなど行いましょう。また忘れてしまわないように必ずバックの中に何個も名刺の束を入れておくと決して忘れないでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する