1. 営業の成績が悪いときにまずやっておくべき2つのこと

営業の成績が悪いときにまずやっておくべき2つのこと



 営業マンにとって成績はかなり気になるところだと思います。それが悪いとなればすぐさま改善したいと思うでしょう。では、どのように解決していけばよいのか、まずやるべきことに着目して書いていきたいと思います。

①売れない理由を一つずつ潰していく

 がむしゃらにやるという手もありますが、それは効率的に良くありません。まずは、なぜ売れないのか、というところから考えてみましょう。訪問回数は適切か、トークに問題はないか、商品自体に問題はないか、など考えるべきことはいくらでもあるはずです。

②過去を分析する

 結果が出ない営業マンはまず過去の売れた商品と売れなかった商品、そしてそれぞれの担当営業マンを分析してみましょう。売れた商品がなぜ売れたのかを、営業マンの腕かそれとも商品自体の魅力かというところまで判別し、その逆も同じ行程を踏んでいけば恐らく自分の営業の結果を出すためのヒントが得られるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する