1. 営業のメールを読んでもらう確率を上げるためのタイトルのつけ方

営業のメールを読んでもらう確率を上げるためのタイトルのつけ方


 営業がメールを送る際にまず最初に気をつけるべき点はそのタイトルです。タイトルが最初に目をつける箇所なので、決して適当に決めないようにしましょう。今回は、メールを読んでもらえる確率を上げるためのタイトルの決め方を書いていこうと思います。

内容が予想できるタイトルにする

 例えば、「はじめまして」だけだとメールの内容を予測することはできません。さらに、迷惑メールだと思われる可能性もあります。タイトルには長くなりすぎない程度の具体性を組み込んでおく必要があります。例えば、「先日お話させていただいた件に関して」などの説明文です。

重要、もしくは緊急性があることを記す

 やはり挨拶文だけでは相手が開いてくれる可能性は下がってしまいます。そこで、【重要】【緊急】などをタイトルの前半に入れておくだけで読む必要性の高いものだと相手に認識させることができます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する