1. プレゼンで上手に提案するコツ

プレゼンで上手に提案するコツ


 プレゼンで上手に提案する為には、いい資料を作成するだけではいい提案はできないものです。資料が良くても説明が棒読みになっていたりすると、いい資料も台無しになることもあります。とはいっても話はそんなに上手ではないと不安になる人もいるかと思いますが、話し上手ではなくても、ストーリーがしっかりしていればある程度上手く提案できるのです。もちろんそのためには、内容を頭にしっかりインプットする必要があります。何度も声を出して練習あるのみです。ではどのようなストーリーで組み立てるのか考えます。

問題提起で共感を促す

 よく使う方法としては、まずは問題提起です。そしてマイナスを共感してもらうのがコツです。プレゼンは相手に伝えることが大切です。ですので、まずはマイナス要素を前面に出して理解してもらうことが大切です。冒頭にマイナス要素を提示することで、同じ悩みを抱えている人は必ずこちらの話に耳を傾けてくれます。つまり仲間意識を作るのです。そうすると不思議に親近感すら感じることもあります。意思疎通ができたら、次のステップに移ります。

シンプルに伝える

 次にすべきことは理想を言い切ることです。回りくどいことはする必要はないです。自分の考えている理想を言い切るのがコツです。例えば「顧客の数を増やせば何の問題もないですよね」というような感じです。遠慮がちにいうと効果はなくなりますので、はっきりと声にして伝える必要があります。多少実現の可能性が低くても、はっきり言うことで相手を引き込むことができます。多少強引な気もしますが、プレゼンでは主導権を握ったほうが成功するのです。

解決策を示す

 次は課題を示します。当然のことですが、理想を述べて主導権をとっても、話の内容については当然突っ込みがあります。そのためにも具体的に説明するのがコツです。ここで注意すべきは分かりにくい問題は出さないことです。わかりにくい問題は場合によっては回答できなくなる可能性がありますので、できるだけ話がそれないように自分でストーリーを考える必要があります。

 そして課題として説明した項目をより詳しく説明します。ここでも難しい話はタブーです。簡単に何が足り無いのか、なぜ無いのか、どこにも無いのかという感じです。あくまでも整理することが大切なのです。そして課題を乗り越える提案を示します。ここが重要なところです。自分は解決策を持っているということを示すのです。ここまで簡単に説明しましたが、聴き手が期待しているには話の根拠と説得力なのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する