1. プレゼンの構成をキレイにまとめる方法

プレゼンの構成をキレイにまとめる方法


基本に忠実に

 プレゼンの構成にキレイにまとめるには、基本に忠実に行うことです。プレゼンではどうすれば話が伝わりやすいかということはほぼ解明されています。その解明されている順番どおりにするのが一番無難であり、キレイにまとめることができるのです。

 この解明されている順番どおりにすることで無駄な労力を使うこともありませんし、フォーマットを知らなければ、いろいろと悩んだ挙句にわかりにくくなる場合もあります。そうならないためにも、この機械にフォーマットについての知識を確認しておくことが大切です。

フォーマットのメリットとは

 フォーマットを利用することのメリットについて考えて見ましょう。フォーマットを利用することの利点には大きく2つです。一つ目は悩むことなく短時間で作成することができるということです。そしてもう一つはキレイにまとまるということです。

 フォーマットは料理でいえばレシピのようなものです。最短にして最善の結果を出す方法なのです。レシピどおりに作ることに抵抗がある人もいるかもしれませんが、初めのうちは形を大事にすることです。慣れてくればいろいろチャレンジするのもいいかと思います。しかし、あくまでも基礎ができていなければ応用は利かないはずです。

フォーマットの構成方法

 ではフォーマットの構成について見ていきましょう。基本的には「イントロ」「ボディ」「エンディング」の3部構成です。イントロは聴き手の興味関心を掴むためのものです。つかみと全体像から構成されています。全体像とは、明確にテーマを示し手順を示すことです。イントロの時間は全体の10%が目安です。そしてボディは話し手として聴き手に伝えたいことの全容を指します。まずは自分の主張をはっきり打ち出します。その上で、それを補完するための説明を行います。そして最後がエンディングです。重要ポイントの繰り返しが役割です。

 最初に伝えたいことを伝え、その説明も行ったわけですが、最後にまとめとして重要なポイントを繰り返すことで、聴き手は話の内容を思い出し、重要なポイントを再認識するのです。プレゼンの時間にもよりますが、話の内容を忘れるということはよくあることです。聴き手は関心のないところや難しいところはつい放置しがちなのです。


 最後にもう一度繰り返しますが、プレゼンはまずフォーマットで組み立てることです。このフォーマットこそが先輩達が築いてきたものなのです。悩むことなく、キレイに仕上げるためにもフォーマット通りの構成が早道なのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する