1. 新入社員がスーツを着る際に守るべきマナー

新入社員がスーツを着る際に守るべきマナー


  新入社員にとってスーツは初めて着る人、成人式でしか着たことない。どうしよう。という方もいらっしゃると思います。どういう点に注意すればいいかわからないですよね。今回はスーツのマナーについてお教え致します。ポイントを3つほどに絞って記載しております。今からの社会生活の参考になれば幸いです。では見ていきましょう。

1. スーツは第一ボタンだけ留める

 スーツの着こなしとして基本的に2つボタンのスーツの時は一番上のボタンだけ留めます。そうすることで座るときのスーツのラインがきれいに見えます。一つのボタンでしか支えてないのでボタンはとれやすくなりますがビジネスマナーではこれが常識になっています。おそらく知らなかった人も多いのではないでしょうか。私も会社に入ってしばらくして、先輩に教えられて直しました。奥様の方が逆に知っていたりもするんですよね。そこで常識や非常識が見られてはやはりたまりません。絶対に直しましょう。これが新入社員のスーツの着こなしのマナーのポイント1です。

2. スーツはクリーニング一週間に一度はかけよう

 スーツで大事な事は次になんでしょうか?匂いもやっぱり大事ですね。夏場でも冬場でも最低一週間に1度はクリーニングかけましょう。毎日はクリーニングに出すのは難しいですが、匂いは営業において非常に大事なポイントです。変なにおいの営業マンに接客されると嫌ですもんね。特に訪問営業などで外回りすればそうとう歩くことになります。なのでスーツが汗のにおいが残らないようにしっかりクリーニングなり匂いの対策やっていきましょう。そして折り目のついたちゃんとしたズボンをはきましょう。それだけで印象が大分変わってくるものです。これが新入社員のスーツの着こなしのマナーのポイント2です。

3. スーツの上着には基本何もいれない

 財布、携帯やノート色々必要ですし上着に入れたくなります。上着にいれると楽なんですよね。でも極力入れないようにしましょう。スーツの型がどんどんくずれてきてしまいます。スーツの型がくずれてくると印象が非常に悪くなってきてしまいます。最悪何かものをいれるので有ればスーツに内ポケットが有ると思います。それに小さいノートなり、携帯なり、その他いれていけば型崩れはそうしなくなります。スーツの使いこなしは大事ですよ。これが新入社員のスーツの着こなしのマナーのポイント3です。


 以上が新入社員のスーツの着こなしのマナーです。いかがだったでしょうか?新入社員の方はボタンの留め方など知らない方多いと思います。きちんとしたスーツの着こなしをしていきましょう。見かけは大分印象を左右しそして中身までそう思ってくるものが人間です。人は視覚が60%を占めるともいわれます。いかに見た目の大事かをしっかり把握して行動していきましょう。新入社員の方々の今からの会社生活が輝くことを願っております。ご一読有難う御座いました。頑張っていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する