1. 女性は気をつけたい!マナー違反にならないオフィスでの服装

女性は気をつけたい!マナー違反にならないオフィスでの服装


 スーツとワイシャツを着れば、誰でもパリッと見える男性と違い、オフィスでの女性の服装というのは、女性を悩ませる事柄の一つではないでしょうか。働く女性達は、野暮ったく見えずに、洗練されていながら、オフィスのマナーやモラルを守るような服装で、しかも自分が着ていて、元気が出たり、気持ちが明るくなるような服装をしたいと願っているはずです。そして、なるべくなら、大金をかけずに、オフィスで働くのに、ぴったりの服を手に入れたいとも切望しているはずです。

マナーを守った女性の服装

 オフィスでの女性の服装がマナー違反にならないために、高価なデザイナーズブランドの服を着る必要はありません。一番大切なことは、清潔であるということです。この清潔感を出すためには、服の手入れを怠らないことです。オフィスで着る服というのはしわになったり、ほこりがつきやすいものです。アイロンをかけたり、ブラシをかけたりすることが大切です。

 オフィスでは汗もかくかもしれません。臭い対策のために、スーツに消臭スプレーをかけるなど対策をとりましょう。そして、清潔感を服装に出すために必要なことがあります。背筋を伸ばして、姿勢よく歩いたり、机に向かったりできるでしょうか。猫背の人よりも、背筋が通った人は品格が漂うものです。姿勢の良さが服装の清潔感をかもし出すのに、役立ちますので、背筋を伸ばすことを心がけましょう。そして、どんなに、洗練されていると思った服でも、胸元の大きく開いた服はオフィスではマナー違反なので気をつけましょう。うつむいたときに、胸の谷間が見えないかどうか確認してみてください。

具体的なオフィスでの女性の服装について

 オフィスで女性の服装は会社によっても、変わってきますので、まず第一に先輩の服装を参考にして、職場の女性の先輩より、派手な服装になることは避けたほうが無難です。女性のオフィスでの服装の色は、白、黒、ベージュ、グレーなどをメインにすると良いとされています。露出が多い、ミニスカート、キャミソール、ノースリーブは着ないほうがよいでしょう。また、靴も、あまりカジュアルすぎる、スニーカーや、オフィスに似つかわしくない、ミュールやサンダル、ブーツなどはやめておきましょう。ブランド名が大きく書いてあるような服も女性の反感をかう恐れがありますので、気をつけましょう。

 Tシャツや、レギンスもオフィスにはふさわしくないとされていますが、チュニックや、カーディガンは受け入れられています。シャツは襟のあるものを選ぶようにするとよいでしょう。服はコーディネートも大切です。雑誌で、服のコーディネートを勉強したり、自分の持っている服を組み合わせて、何度も鏡の前で確認することも得策です。

マナーのある女性の服装のためにできること

 服装は不思議なことに、着ている人の品格によって、よくも悪くも見えます。同じ服を着ていても、人によって、受ける印象は違います。やはり、内面の美しさを持った女性のほうが、同じ服を着ていても、美しく見えるのではないでしょうか。品格のあるオフィス服を着こなすには、清潔感、と女性の内面の美しさ、そして、服のコーディネート力の3点がそろうことが必要になります。この3点を守って、オフィスでマナーのある、素敵な服装の女性を目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する