1. 営業マンが絶対に持つべき自分だけの顧客管理のノートの作り方

営業マンが絶対に持つべき自分だけの顧客管理のノートの作り方

 顧客管理はどの会社でもやっていることかと思います。それぞれの会社に関する情報というのは非常に大切なものでしょう。しかし会社で管理しているからと言って、自分の顧客の管理も任せきりというのはもったいないでしょう。自分でもすぐに読み返せるように個人的に顧客管理ノートをとっておくことをおすすめします。今回はその書き方についてご紹介します。

ノートに書くべきこと…基本情報

 顧客ノートに書くべきことは特別なことである必要はありません。顧客の業種にもよりますが、以下の内容は最低限書いておくようにするといいと思います。

○企業名
○担当者名
○受付の人の名前
○住所、電話番号
○休みや休憩時間
○顧客が使っているサービスまたは商品
○担当者の特徴や趣味など(外見上の特徴や性格など)
○担当者と会う時の注意点(“要事前アポ”など)

 これらはきちんとノートにとっておくようにしましょう。すぐに見直せるようにしておくことが大切です。

ノートに書くべきこと…自分独自のもの

 上記の情報を持っているだけでは競合との差別化を図ることはできません。自分だからこそ持っている情報をきちんとノートに残しておくようにしましょう。特に大事なのが顧客との話題で出たことです。仕事に関係ない話でも、その時にどのような会話で盛り上がったのか、何が話題に出たのかをメモして覚えておくようにしましょう。次に会った時に「この間話していた…」のように切り出されると、相手も嬉しいもの。仕事に関係ないからと切り捨てるのはっもったいないです。

 自分だけの顧客ノートを作ることで、より相手の気持ちを掴むことができます。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する