1. 英語でプレゼンする時に必須のルール、エッセイライティングとは?

英語でプレゼンする時に必須のルール、エッセイライティングとは?


 英語でのプレゼンをしようと思ったら、日本語でのプレゼンをそのまま使ってはいけません。 言語が違うということは、その背景になる文化が違うということなのです。 

英語のルールは「まず結論から」

 日本語には日本語のルールがあり、英語には英語のルールがあります。 日本語でのプレゼンは、まず、印象に残る表現であり、徐々に人を惹きつけて行き、最後に結論を提示するのがテクニックです。 あるいは、結論ははっきり言わずに、聞いている人に解釈を任せることすらあります。 しかし、英語でプレゼンをしようとしたら、その手法では聞いている人はいらいらします。 結局どちらなんだ、と質問されるのが落ちです。 英語でプレゼンをしようと思ったら、まず一度、全体を見直して再構築し直す必要があります。 

エッセイライティングの基本は「結論→理由→結論」

 英語で文章を書くときに、日本語で考えたことをそのまま英語に置き換える人がいます。 これはプレゼンとしては間違いです。 英語でプレゼンをする時には、日本語での作文の仕方は一度すてて、全体の構成から見直すべきです。 1) まず、全体を大きく三つに分け、最初に結論をおきます。 2) 次に結論の中で言ったことを、理由を付けて説明していきます。 3) そして最後にもう一度まとめます。


  最初に来るのは、全体のまとめでもある結論です。 「これはこういう品物で、とても良い。こういうメリットがあり、こういうデメリットがある。デメリットはこう解消できる。だからこれを使いなさい。」というように書きます。 あるいは、「自分はこれを勧める。それの理由はAであり、Bである、だからこれだ。」という形にします。 扱う商材によっても書き方や内容は変わりますが、基本は変わりません。 これこれはこうだ。と結論を出し、その理由や紹介する内容をいくつか、さらっと触れます。 


 紹介することは、数を絞ってあまり長くならないようにしましょう。 これからプレゼンをする内容を最初に全部見せて置くつもりで、箇条書きに出来る程度にまとめます。 

真ん中で一項目ずつ説明

 二つ目の段階では、結論で行ったことを、詳しく説明して行きます。 箇条書きになっている一項目について、説明をしましょう。 Aというのはこういうことです。また、Bについてはこういうデータがあり、何々に最適です。とか、結論で言ったことを項目別にして詳しく内容説明をしていきます。 それを、項目数だけ繰り返します。 自分が最初に言った結論を補強する内容を、詳しく提示していくのです。

最後の結論で納得させる

 最後にもう一度全体をまとめます。「このようにAはこうであり、Bのデータはこうなっています。だからこのプロジェクトにはこれが最適です。」というように、理屈として通る書き方で結論をいいましょう。 これで、今まで聞いていた人はプレゼンが終わることを知り、自分が聞いたプレゼンの内容をもう一度おさらい出来ます。 全体の長さや説明をどの程度詳しく取るかは、持ち時間や資料の量によります。 最適な内容になるように、全体を調整しましょう。 


 プレゼンでは、言いたいことだけを並べるのではなく、論理的に相手を納得させられるように、全体を構成しましょう。英語のプレゼンでは、特に、結論が大事です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する