1. 英語のプレゼンで成功させるためのやり方

英語のプレゼンで成功させるためのやり方

 
 日本語のプレゼンには慣れていても英語でプレゼンを行うことには慣れていないという人が多いのではないでしょうか。英語と日本語の語順は違うのでニュアンスが違って理解されることがあります。しかし、プレゼン本番ではきちんと伝えなければいけないので英語でのプレゼンの上手いやり方を見ていきましょう。

まず結論を述べる

 英語では、まず結論を述べます。日本語では、事実や問題点などを述べた後に結論を言いますが、英語の場合逆です。欧米人は、始めに結論を理解していないと発言の真意や意図を理解できません。まず始めに結論を述べてからその内容を伝えましょう。

所要時間の予告

 欧米人は、あまりにも長いプレゼンには飽きてしまいます。時間が長く感じる理由として終わる時間が分からないということがあります。始めに所要時間を伝えておき、いつ終わるのか聞き手にも把握させましょう。時間が分かることで聞き手の注目度と集中力を保つことが出来ます。

シンプルで分かりやすい言葉で伝える

 英語は、日本語に比べ非常に主張の強い言語です。日本語のように曖昧な表現を使ってしまうと何を言いたいのか理解してくれません。次にいくなら次にいく。終わるなら終わるという風にはっきり伝える必要があるでしょう。


 英語でのプレゼンは、日本語と同じ内容であっても伝わり方が変わってしまいます。難しい単語や言葉を使う必要はないので、出来るだけシンプルな言葉で相手の気持ちになってプレゼンをしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する