1. プレゼンのコンペでまず行うべき挨拶とは

プレゼンのコンペでまず行うべき挨拶とは



自己紹介は簡潔に

 発表者は誰か今回発表するものは何かと言うような概要を2分以内にまとめるべきです。新入社員の方々であれば数々の面接をくぐり抜けて来ていますので話には聞いたことがあると思いますが、人間は集中して1つの話を聞いていられるのは2分から3分ぐらいです。プレゼンであれば1ページを3分以内で説明できるのが良いとされています。そのため最初の自己紹介の挨拶も2分から3分以内に済ませるようにしましょう。


 発表者は誰か今回発表するものは何かと言うような概要を2分以内にまとめるべきです。新入社員の方々であれば数々の面接をくぐり抜けて来ていますので話には聞いたことがあると思いますが、人間は集中して1つの話を聞いていられるのは2分から3分ぐらいです。プレゼンであれば1ページを3分以内で説明できるのが良いとされています。そのため最初の自己紹介の挨拶も2分から3分以内に済ませるようにしましょう。

新入社員の強さは若さ

 元気で覇気のある挨拶をすると好感触を与える新入社員や入社して数年しか経っていない方々にとって一番大切なところは、その若さです。入社して間もないような方々のプレゼンはあまり期待はしていません。では皆が何を望んでいるかと申し上げますと若さみなぎる元気のよさと覇気のある熱烈な発表姿勢です。しかし残念ながらこれまで入社してきた若い方々にはその元気と覇気が異様に足りないと感じています。技術は場数をこなしていけば自然と身につく技術ですので、元気なプレゼンをするとお客様やコンペの審査員にも好感触を最初に与えることができます。皆様も聴いている立場の際に、元気で覇気のある挨拶と元気の無いような挨拶では前者のほうが面白そうだなと興味が湧くかと思います。  


 そのためこれからプレゼンをしようと思っている方々がいらっしゃいましたらまずはお客様やコンペの審査員を元気な挨拶で攻撃していきましょう。最後になりますが誰でも最初は緊張してしまい練習した時には完璧だったのに本番では思うようにいかないと思う方々いらっしゃると思います。そのため、練習もそうですが最後に述べていた元気で覇気のあるプレゼンをしてみましょう。すると聴いている方々も貴方のプレゼンに興味を持ち出します。また最初の挨拶さえ成功してしまえば後はこちらのものですので、今からでも遅くありませんので練習を重ねてより良いプレゼンが出来るようにしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する