1. 元担当者が語る!ソーシャルメディアマーケティングの効果を高める方法

元担当者が語る!ソーシャルメディアマーケティングの効果を高める方法

 マーケティングの手段として、FacebookやTwitterを使用するの企業は年々増えています。
しかし、歴史が浅い故にノウハウをなかなか見つけることができず頭を抱えている担当者も少なくはないはず。

 この記事では、元ソーシャルメディアマーケティング担当者が過去の経験から得た簡単なノウハウをお伝えしていきます。

目的を明確に持つ


出典:Osaka Business Park (大阪ビジネスパーク) (by 28074232@N06) | Flickr - Photo Sharing!


 まずは、具体的にどのような目的で行うのかを明確にすることをおすすめします。
新規顧客を増やす、認知度を上げる、既存顧客の満足度向上など目的を定めることによって、「何を行っていくべきなのか」が浮き彫りになってくるはずです。

対象となる相手の嗜好や行動パターンを調査


出典:主婦三明治Housewives Sandwich (by 16515986@N04) | Flickr - Photo Sharing!

 対象となる相手がどのような生活サイクルや行動パターンで日々過ごしているのか、どんなものに興味を持つのかをリサーチしましょう。

 この作業は非常に重要です。例えば、対象が主婦と学生では生活サイクルは全く異なります。相手がTwitterやFacebookを開いている時間を狙ってアプローチをしなければ、せっかく優れた投稿を行っても効果は半減してしまいます、

対象となる相手の心に届くキーワードを考える


出典:Daisy © Glenn Waters Japan. Over 9,000 visits to this photo. Thank you. (by 23893265@N08) | Flickr - Photo Sharing!

 相手の嗜好をリサーチしたら、表現方法を考えてみましょう。
例えば、『美味しくてカロリー控えめのビール』と『キレのある味わいでカロリー25%カットのビール』と表現した時に、興味を持ってもらえる可能性が高いものは後者です。
端的に魅力を伝えることが重要です。


運用しながら軌道修正を行う


出典:Mitsukoshi (by 36015194@N00) | Flickr - Photo Sharing!

 ここでご紹介したのは、たくさんある方法のうちの一握りです。
運用の方向性などを悩んでしまいがちですが、まずは投稿時間や表現方法など様々なことを試し、より効果が高いものにシフトしていくことをおすすめします。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する