1. 【宛名がポイント!】複数の上司に一括で送るメールの書き方

【宛名がポイント!】複数の上司に一括で送るメールの書き方


  ビジネスメールとして、複数の上司に一括でメールを送るという機会も、長い人生の中一度はあると思います。ここでは、複数の上司に一括するメールの書き方を紹介していきたいと思います。

基本となるビジネスメールの全体像

 一般的なビジネスメールの書き方には、ある程度の型が存在します。例を上げますと、『件名→宛名→(概要)→本文→結び→署名』の順になります。一つだけ注意点として挙げることは、ある程度中のよい上司であったとしても、顔文字や絵文字を利用したメールを送ることは控えましょう。

 そして、複数人にメールに送る場合には特に宛名が重要になります。以下では細かく各部分について順を追って説明していきます。

部分別の詳細な書き方

件名

 まず、件名ですが、ここには受け取り手がすぐ何のメールか判断できるように、簡潔にメールの内容を表示することが必要になります。また、緊急のメールだったりする場合には、【至急】や【取り急ぎ】等の文字を付け、差別化をもたらした上で目立たせることが重要になります。タイトルで目立たなかった場合は、対応を後回しにされる可能性もあるため注意することが必要です。

宛名

 次に、複数に一括メールを送る場合は、宛名がポイントになってきます。宛名には『(自部署)○○さん、××さん…(他部署)△△さん、□□さん…』と連盟で表示させるのがいいとされます。また、部署やチームメンバーに送る場合には『○○部各位』や『○○の皆様』『関係者各位』等を利用するのが良いでしょう。

挨拶

 挨拶においては、『お世話になっております』や『先日はありがとうございました』など、まず感謝の気持ちを述べます。時間が夜遅くなどの場合は『突然のメールで申し訳ありません』などの言葉を入れてもいいでしょう。

概要と本文

 概要や本文には、内容を簡潔に説明しましょう。そして、返事が欲しい場合にはその旨もここで伝えて置くことが大切になります。また、相手が文章を読みやすいように気遣うということも必要です。

結び

 そして、結びですが、『どうぞよろしくお願いします。』や『ご検討の程、宜しくお願いします。』『お手数をお掛けいたしますが宜しくお願いいたします。』など、本文に合わせて書きましょう。これを表記することで、文章全体が引き締まります。

 最後に署名ですが、ここには会社名や部署名、役職、名前、電話番号などを表示します。特に、連絡先は何かあった時に重要なポイントになるのでしっかり書いておく必要があります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する