1. ビジネスの場でタクシーを使う際に知っておきたいマナー

ビジネスの場でタクシーを使う際に知っておきたいマナー

 
 ビジネスシーンでタクシーに乗る機会は少なからずあると思います。そんな時のタクシーのマナーをご存知でしょうか。取引先の方とタクシーを利用したり、上司とタクシーを利用したり、失礼があったら自分の面子が潰れてしまうなんていう事態にもなりかねません。そんなときに知っておくと良い意外と知られていないタクシーのマナーをご紹介したいと思います。きっと役に立つ時があると思いますので、是非、参考にしてみてください。

タクシーの上座?下座?

 ビジネスシーンではレストランや応接室での座席はもちろん、エレベーターなどありとあらゆる場面で上座、下座は存在しますが、やはりタクシーにも上座と下座が存在します。タクシーの場合、運転席の後ろの席が上座になります。その次が助手席の後ろの席、最後が助手席という順番です。タクシーの上座と下座は安全性と乗り心地で考えられます。入口から一番遠い席が上座と捉えられるという点からみても、運転席の後ろの席が一番の上座ということになります。

 また、助手席は行き先の案内や料金の支払いなどをする席となりますので一番の下座ということになります。上座、下座はビジネスマナーの基本中の基本ですので、上座、下座は事前に学び、スマートに行動したいところです。もちろん、上座、下座に拘りすぎず、時と場合に応じて、お客様や上司が心地よいかどうかを基準に臨機応変な対応を心がけ自分は譲るという気持ちを大切に心がけることがビジネスマナーの基本です。

タクシーで行き先を告げる時のビジネスマナー

 ビジネスシーンでは時間のロスは致命傷になりかねません。行き先を間違えて伝えてしまったり、曖昧に伝えた事により誤解が生じてしまってはマナー以前の問題です。タクシーで行き先を伝える時は、はっきりと伝わるよう具体的に伝えることが大切です。事前に用意する事が出来るのであれば、地図をプリントアウトして持っていくくらいの準備が出来るとスマートにタクシーの運転手さんに行き先を伝えることができ、ビジネスマナーとしては素晴らしいです。ビジネスシーンではありとあらゆる場面でコミュニケーションの能力を発揮しなくてはなりません。タクシーに乗るときにも、しっかりと行き先を伝えスマートに対応するようにしましょう。

タクシーでの支払いのマナーについて

 ビジネスシーンだけのマナーではないのですが、3000円以内の支払いの場合はなるべく1万円札以外での支払いをするのがマナーです。特にタクシーの場合、おつりを持ち合わせていない運転手さんもいますので、千円札を用意しておくのがマナーです。また、到着したらすぐに支払いが出来るよう目的地が近づいてきたら、お金を用意しておきましょう。ビジネスでは事前の準備が評価される場合が多々あります。先を予測して行動しすることが素晴らしいビジネスマナーへの第一歩です。タクシーのマナーでも先を予測して行動できるように心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する