1. 上司との食事中の会話を盛り上げるために活用するべき話題

上司との食事中の会話を盛り上げるために活用するべき話題


 上司と食事に行った際、上司との会話は緊張してしまったりして中々気軽に話をするということは難しいもの。食事に来ているのに、ここでも仕事の話をするというのは気が引けますし、他人の愚痴なんてもっての外です。親しい友人であるならばまだしも、上司との会話のネタはどうしようか、不安に思う方も多いかもしれません。ここでは、食事の場で上司と会話する場合、どのような話題について話せばいいのかをお話します。

案外会話の話題は目の前にあるもの

 例えば食事で居酒屋に行ったとして、そこではお店の雰囲気や料理の味などについて話しをし、会話を広げていくというのも一つの手だと思います。特に居酒屋では、お酒について話をすると好みが分かったり、上司の嗜好などもわかるようになると思います。お勧めのお酒を教えてもらったり、拘りなどを知ることで、相手のお酒の趣味が分かるようになるかもしれません。また、最近の流行についてお話するのも一つの手だと思います。最近だと、『半沢直樹』や『あまちゃん』などの話題を出す事で、話が盛り上がるということもあり得ます。折角のお食事の場なので、明るい話題を持っていく事が大切ですよね。

子供の話題や趣味の話題

 話題を話す上で、周囲の話題から入る方法意外にお勧めしたいのが子供の話題です。上司に子供がいるのならば、『子供は今いくつなのか』など、会話を広げることが可能です。また、『すごいですね』などの相槌を加えることで、上司も気分よくお話を繰り広げることが可能になります。自分にも子供がいる場合には、受験の際の体験談などを聞いてみるのもいいかもしれません。それにより、人生の先輩としてのアドバイスをもらうということもできそうです。子供のいない上司とは趣味の話で盛り上がるということが大切です。例えば、『休日はいつもどのような事をされているのですか?』などの質問から始めることで、上司のプライベートな趣味の事にまで話を広げることができます。

 また、もし自分の趣味と合致したのであれば、より話は弾みやすくなると感じます。更に『今度ご一緒しませんか?』と話を繋げることも可能になります。しかし、もしも上司の趣味が理解できなかったとしても、話を遮ってしまってはいけません。もし遮ってしまえば、『そっちが聞いてきたのに』と上司の反感を買ってしまうかもしれません。そうならないためにも、適度に相槌を打ってみたり、一生懸命理解しようという姿勢が大切になってきます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する