1. もう限界・・・ストレスが原因で休職においこまれてしまったときの上司への伝え方

もう限界・・・ストレスが原因で休職においこまれてしまったときの上司への伝え方

 

 現代病としてニュースなどでも話題に上っている鬱病などの精神病。最近ではストレスで休職に追い込まれるという人も非常に増えています。ですが、精神病は、罹患しない人はしないもののようですし、案外軽視されがちな病気のようにも感じます。病気の辛さは実際に経験した者でないと分からない、ということも言えるでしょう。そのため、上司に休職を伝えたい場合でもずる休みだと思われてしまうこともあるかもしれません。休職に付いて、上司に分かってもらうためには一体どのような伝え方がよいのでしょうか。
ストレスで休職したい場合に、上司への伝えるにはどのような方法がよいのか説明します。

診断書を持参し、症状とストレス原因を伝える

 まず、鬱病かな、と感じたら、病気の精神科や心療内科などを利用することをお勧めします。病院と言っても複数ありますので、自分に適した病院を選び、現在の体の状況などについてアドバイスをいただき、診断書をもらいます。診断書を貰ったら、次に上司にどのように説明するかです。ストレスが溜まってしまう原因ですが、ある程度自分で特定はできていると思います。例えば仕事上関わり合う人達との人間関係であったり、仕事の量の多さや残業の多さなどもその一つだと考えられます。また、休養時間が少ないなども理由に挙げられます。それらの理由を挙げた上で、病院での診察結果を報告することで、病気に対する説得力がより一層高まります。

上司に伝える際はメールではなく直接

 直接あってお話をする方が相手に真剣さが伝わりますし、事の重要さも伝わります。メールでは、相手も不快に感じることもあるかと思います。なので、上司と直接面談するということをお勧めします。また、事前にメールで上司にお話があるということを簡易に伝えた後に実際に対面してお話するということも良いでしょう。しかし、もしストレスの原因が上司であり、その人が社内での重要な位置に付いていた場合は、非常に話がしにくいと思います。その場合は、その上司以外の重要な立場に立つ上司に、ストレスの理由や病気の重大さを告げ、同意をもらったり、アドバイスを貰ったりすることが重要になります。そして可能であるならば、その上司からストレスの原因である上司に休職するということをやんわりと伝えてもらいましょう。最終的に、ストレスの原因である上司を相手に理由を説明しなくてはならなくなった場合は、相手の顰蹙を買わないように、適当な理由を付けて休職させてもらうということが必要です。
 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する