1. 職場の上司との関係でストレスが溜まった際の解消方法

職場の上司との関係でストレスが溜まった際の解消方法


  職場において、上司との関係が良いものとなっていないために、ストレスがたまっている人というのはどこの会社にも存在します。しかし、このストレスを抱えたまま、職場に通うことは非常に危険です。なぜなら、対人関係のストレスで精神がぼろぼろになってしまうと、肉体にも変調をきたしてしまうからです。

 ストレスから来る、胃腸の疾患や、酷い時であれば、ストレスが体の抵抗力を弱め、癌のような大きな病気を患ってしまうという生命の危険にも関わるからです。

まずは職場での自分の言動をチェック

 ストレスには必ず理由があります。職場の上司の態度や言動のために、傷つき、ストレスを溜めている人がこのストレスを解消するには、相手の上司が変わってくれるのを期待していてはいけません。会社だけではなく、人間関係において、相手が変わってくれて、関係が改善する場合というのは非常に少ないと言えます。

 そうなると上司から受けるストレスを解消する方法はただ一つです。自分を変える努力をするのが得策です。自分の職場での行動を見直してみましょう。まず第一には、与えられた仕事をきちんとこなしているかといことを確認してください。与えられた仕事をきちんとこなせないないとなると、気難しい上司でなくても、あなたへの対応は辛いものになる恐れがあります。

 次に、笑顔で職場の人と接しているかということを確認します。不思議なもので、同じ毒舌の人でも、笑顔で話す人と、渋い顔で話す人との印象では、笑顔の毒舌の人はあまり、人に嫌われない傾向にあります。タレントの有吉弘行さんは、毒舌ですが、いつも笑顔であるために、お茶の間の人気者となっています。つまり、笑顔には人を安心させる力があるのです。スマイルをするのが苦手な人は、ぜひ、家で鏡を見ながら、練習してみるのもよいでしょう。その他に、上司への自分の態度で気をつけることがあります。あなたが自分の才能に自信があり、事実そうであっても、それを態度に出すのは得策ではありません。謙虚な姿勢でいることが大切です。

 更に、チームワークを重んじて、職場では和を大切にしようと心がけることも大切です。上司から、気の進まない飲みに誘われたと時も、快く、誘いに乗ったほうが、職場での付き合いもスムーズに行く場合が多いです。

ストレスを与えてくる上司への対策

 職場の上司との関係も人間関係の一つです。その上司から受けるストレスを解消するためには、上司の人柄を細かく分析する必要があります。上司はどんなことで、怒り、どんなことをすると、不機嫌になるのか。そして、どんなことで笑顔になり、どんなことを喜ぶのか。つまり、上司の性格によってこちらの対策も変わってくると言えます。ぜひ、心理学者にでもなったつもりで、上司の性格をつかみ、上司が喜んでくれるような心配りや思いやりを持って上司に接して見ましょう。

 いくら、がんばって、上司を喜ばせようとしても、時には、それがうまく行かずに、上司の怒りをかってしまうこともあると思います。その時は、叱る上司のことは、「自分を高めるために、上司は嫌われ役となってくれて、ありがたい」という考え方をしましょう。例え、上司の怒りが理不尽なものであっても、これは、自分の精神を強くするための修行であるという捉え方をすると自分の心を守ることができます。

職場以外でのストレス解消

 職場でのストレスを解消するには、職場以外で、自分の大好きな趣味をすることをおすすめします。休日を楽しく過ごすことは、職場でのストレスを軽減してくれるからです。休日に自分の心が癒されたり、喜んだりできるようなことをすることを心がけましょう。職場のことをなるべくさらっと浅く考え、自分の趣味に没頭したり、趣味が思いつかない人は、ヨガやジョギングなど、体を動かすことで心のストレスを解消していきましょう。自分を変えても趣味に没頭しても、どうしても、上司との関係でストレスを解消できない最悪の場合は、転職をして、心機一転するのも最後の手段としては良いと思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する