1. 【マネージャー必見!】チームの生産性を最大限高める最適な人数とは?

【マネージャー必見!】チームの生産性を最大限高める最適な人数とは?


 会社で行う仕事のほとんどは個人ではなくチームで行うことでしょう。その際、チームのメンバーが最大限力を発揮できる人数は一体何人なのでしょうか?

2つのピザが賄える人数(5名〜8名)

AmazonのCEOジェフ・ベゾス氏は、「2つのピザルール」でこの問題を解決しました。生産性向上系ブログ「99u」によると、ベゾス氏は自分のチームのサイズ(人数)を選ぶ基準として、ピザを使いました。基本的に、2つのピザで賄えないチームは大き過ぎるというのです。

出典: 2枚のピザで足りる人数 - ライフハッカー[日本版]
 チームの人数として最適とされているのが、2つのピザで賄える5名〜8名とされています。Amazonのジェフ・ベゾス氏は、これをいち早く実践し、チーム内での意思疎通を簡単にし、コミュニケーションが活発に生まれるようにしているのです。

10名以上は生産性が下がってしまう

 チーム内の人数が10名以上になってしまうと、意思の疎通を図るにも時間がかかってしまいますし、コミュニケーションの量も大幅に減ってしまうため、チームの生産性が下がってしまいます。

 もし、10名以上のチームで働いているならば、そのチームをさらに2つに分けてしまった方が良いかもしれません。

 チームとして成果を残したいと考えるのであれば、取り組みの方法などを改善しようとするのではなく、まずは人数から改善していった方が良いかもしれません。どのチームも5名〜8名くらいの人数にすることを心がけてチームづくりをしてみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する