1. 飲み会が「苦手」であまり参加したくないという人におくる、苦手意識を克服する方法

飲み会が「苦手」であまり参加したくないという人におくる、苦手意識を克服する方法


 仕事をしていると、上司と飲みに行く機会は多くあることでしょう。しかし、飲み会が「苦手」であまり参加したくないという人も中にはいると思います。ここでは、そういった人に向けて飲み会に対する苦手意識を克服する方法を紹介していきます。

サービスに徹する

 飲み会がどうしても苦手という人は、まずサービスに徹してみると良いかもしれません。例えば、ドリンクのお代わりを聞くとかフードを取ってあげるなどです。

 これを実行しておけば、無理に会話に参加する必要もないですし、相手からも感謝されるので、飲み会が苦手という人はサービスに徹することから始めていき、少しずつ飲み会に対する苦手意識をなくしていけると良いかもしれません。

“話すネタ”をしっかり準備しておく

 飲み会に参加する前に、どういった人が参加するのか事前にある程度調べておき、その人と上手く話せるような「話しのネタ」を用意しておくと良いでしょう。そうすれば、会話に困ることもないため、少しは飲み会が楽しいと思えるのではないでしょうか。

友人を誘ってみる

 どうしても「苦手」という人は、気の置ける友人を誘って飲み会に参加すると良いかもしれません。友人がいれば、一人で浮いてしまうといったこともなくなるため、今までよりは飲み会を楽しめると思います。


 以上、飲み会に対する苦手意識を克服する方法を紹介してきました。社会人とになると、飲みに行く回数は増えていくと思うので苦手意識はなるべく克服しておくと良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する