1. 「営業の電話をかけると緊張してしまう…」という人におくる緊張しないための方法

「営業の電話をかけると緊張してしまう…」という人におくる緊張しないための方法


 営業をしていく上で「電話」が苦手という人は多いのではないでしょうか?どうしても緊張してしまい、自分が考えていたことが全く話せなまま電話が終わってしまうという経験をしたことのある人は多いと思います。ここでは、電話で緊張しないための方法を紹介していきます。

マニュアルを完璧に覚えようとしない

 営業の電話をするにあたって、どんな会社にもスクリプトやマニュアルといったものはあるでしょう。しかし、そういったものを完璧に覚えた状態で臨むと、自分の話す内容は完璧かもしれませんが相手から質問が来た際にテンパってしまい、頭が真っ白になってしまうでしょう。そうすると、次から電話をかける際に緊張してしまうため、スクリプトやマニュアルは完璧に覚えようとしない方が良いでしょう。
 
 ある程度の内容を理解したら、自分の言葉で話せるように少し練習してから臨むと緊張もなく、自然体の自分で電話をかけることが出来ると思います。

一度、深呼吸してから電話をかける

 電話をかけるに当たって緊張してしまう人というのは、「もし忙しかったらどうしよう…」「もし相手が不機嫌だったら、どうしよう…」といった気持ちを抱えたまま、電話をかけていることでしょう。

 そういった思いを抱えたまま、何となく電話尾かけるのではなく、電話をかける前に深呼吸して気持ちを落ち着かせてから電話をかけると緊張も少なくなるはずです。


 以上、営業の電話で緊張しないための方法を紹介してきました。少しの工夫で電話に対する緊張は失くすことが出来るので、電話で緊張しがちな人はここで紹介した方法を試してみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する