1. 名刺交換をするにあたって意識しておきたい名刺を「しまう」際のマナー

名刺交換をするにあたって意識しておきたい名刺を「しまう」際のマナー


 ビジネスの場において「名刺交換」は自分自身の第一印象を左右する重要な役割を担っています。ただ、多くの人はついつい「渡す」ことに意識を傾けてしまうあまり、「しまう」ことに対する意識が疎かになってしまいがちではないでしょうか。

 ここでは、名刺交換をするにあたって意識しておきたい名刺を「しまう」際のマナーを紹介していきたいと思います。

貰った名刺はすぐにしまわない

 まず、名刺をしまう際に気をつけておきたいのが「タイミング」です。貰った名刺をすぐに名刺入れにしまってしまうのは、マナー違反に当たるので気をつけましょう。

 特に交流会などで名刺交換をする際は、とにかく多くの人と名刺交換をしたいというあまり、すぐにしまったりしてしまう人もいます。1回の名刺交換も大切な出会いの場ですので、マナーを守った名刺交換をするようにしましょう。

名刺をしまう適切なタイミング

名刺をしまうタイミングは、その場の雰囲気によって判断します。基本的に、「相手の名前を覚えるまで」ですが、大体の場合、テーブルに置いた名刺を名刺入れにしまう動作は、打ち合わせや商談がそろそろ終わるという時の合図になります。名刺をしまうタイミングは周りの人に合わせておけば間違いないでしょう。

出典:名刺ナビ - 名刺交換のマナー
 打ち合わせや商談中は、その場が終わるまで名刺はテーブルに置いたままにし、終わりのタイミングを見計らってしまうようにしましょう。交流会などは、一言か二言くらい会話を交わし相手の名前を覚えたタイミングでしまうようにすると良いかもしれません。


 以上、名刺交換をするにあたって意識しておきたい名刺を「しまう」際のマナーを紹介をしてきました。名刺交換は大切な出会いの場ですので、良い人間関係が築けるようにマナーはしっかり守るようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する