1. プレゼンをスマートに魅せる図の引用の仕方

プレゼンをスマートに魅せる図の引用の仕方


 プレゼンというのは、単に資料を説明することではなく、観ている相手に伝えるものです。相手にいかに興味を持たせるのかということがポイントになってきます。そのためにはさまざまなものを使用します。そして相手の興味を引き付け次の段階へ誘導できるかがポイントになります。そのために作る資料は効果的なものでなければならないのです。自分伝えたいことを示すのではなく、相手の知りたいことを示すのです。訴求力をアップさせ、そしてシンプルなものが効果的な資料となります。

 その際によく用いられるのが図です。図を引用するのはプレゼンではよくあることですが、いい図を利用しても効果的に利用しなければ効果は半減されることになります。そのためにも、効果的に引用するコツを掴む必要があります。効果的にと簡単に言っても、実際そんなことができるのか、どうやってやるのかといろいろな疑問が生じるかもしれませんが、答えは意外と簡単なものです。

ホワイトベースを意識

 図はパワーポイントを使用することで作成できますが、伝えたいこいとをより伝わりやすく見せる必要がありますが、ホワイトベースを意識するのがコツです。ホワイトベースといえば白を連想するはずですが、空白部分のことを意味します。何もない空間を作ることで、配置した図をより効果的に際立たせることができるのです。単純すぎて淋しいという理由でいろいろな図を並べる人もいますが、これは逆効果なのです。

 つまりホワイトベースも一つのオブジェクトということができます。プレゼンの資料はシンプルが基本ですので、ホワイトベースを上手に配置することで、シンプルではありますが、見栄えの良い道具ができるのです。 ホワイトベースはずだけではなく、写真などを使用する時にも有効です。言葉だけではなかなかイメージができないかもしれませんが、まずは試しに実行することです。

無駄を省く

 最後に図を効果的に使用するためにはプレゼンの目的を再確認する必要があります。相手を魅せることです。そのためには図の配置だけでなく、図そのものについても考えなければならないのです。もちろん余計な情報を記載するのもよくないです。図の中に文字があるのであれば、その文字も赤などを使用し、強調することも大切です。プレゼンの意味を理解していれば気づくはずですが、相手にインパクトを与えることが目的ですので、できるだけ不必要な情報をなくし、強調したいものを強調するのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する