1. 無言電話が会社にかかってきた時のビジネスマナー

無言電話が会社にかかってきた時のビジネスマナー


無言電話がかかってきた時にしてはいけない対応

 無言電話がかかってきた時にしてはいけない対応として挙げられるのは、無言電話にムッとして、粗暴に扱って電話を切ってしまうことです。無言電話は他の会社からの間違い電話かもしれません。たとえ無言電話であっても丁寧な対応を心がけましょう。

無言電話に対応するときのマナー

 マナーにのっとった無言電話のマナーは、「お電話が遠く、こちらに声が届いておりません。大変申し訳無いのですが電話を切らさせていただきます」というような断りをいれて、丁寧に受話器を置くことです。かかってきた側から電話を切るのはマナー違反ですので、断りを入れるところがポイントと言えるでしょう。



 ここでは、会社に無言電話がかかってきた場合の対応のマナーを紹介しました。無言電話だからといって粗暴に扱わず、正しい言葉遣いと丁寧な電話対応を心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する