1. プレゼン資料をキレイにレイアウトする3原則

プレゼン資料をキレイにレイアウトする3原則

 
 プレゼンの最大の目的はいかにして観ている人にインパクトを与えるかです。観ていてキレイだと感じることができれば、こちらの言いたいこともしっかり伝わりますが、そうでなければ、なかなか伝わりにくいものです。そのためには資料をいかにしてインパクトを与えるかということが大切になってきますが、その中でもレイアウトは特に重要な部分となります。内容は伝わっても、レイアウトがおかしいと滑稽なものとなりますので、レイアウトには十分気をつける必要があります。プレゼンで使用する資料のレイアウトをキレイにするためには、3つの原則があります。この3つの原則にそって作成することが大切です。

1. 揃える

 フレームなどのサイズ感がバラバラだと見ている側から気になってしまうことがあるので、揃えることは徹底することが大切です。一番多く利用するのはパワーポイントという人が多いかと思いますが、その際に縦に揃えたい、あるいは横に揃えたい、中央に揃えたいと思うことがあります。こんなときには「配置」という機能を利用すれば簡単に揃えることができます。しかし、これはまとめて実行するのは楽ですが、途中の2個や3個を揃える時には有効ではないのです。こうなると面倒くさいと感じてしまいます。

 そんな時に利用できるのが 「スマートガイド」です。これは図形を移動させている時に近くの図形の上下や左右の端がぴったりあうと、ぴったりあった端と端をつなぐ点線ガイドが表示されるのです。これがスマートガイドを表示させる機能なのです。使い方も簡単で、スライド上で右クリックし「図形の整列時にスマートガイドを表示する」にチェックを入れるだけです。これでキレイに揃えることができます。

2. 統一する

 そして統一するというのは、いくつかありますが、文字のフォントや配色を統一するということです。基本的には文字は大きめにして、強調したいときには、太字にしたり色を変えることで統一感を損なうことなく、強調することができます。 

3. 流れを作る

 流れを作るというのは構成のことです。スライドをいくつも使用して相手に聴いてもらうわけですが、どのタイミングでどのスライドを使用するのか、それには説明段階でお客様に伝わりやすいように流れを作る必要があります。


 この3つの原則を心にとめてスライド作りをすれば、きっとキレイな資料を作成することができます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する