1. スーツが上下別で色違いの場合のビジネスマナー

スーツが上下別で色違いの場合のビジネスマナー

スーツが上下別で色違いの場合のビジネスマナー 1番目の画像

 出社する日も、色が上下別のジャケットとパンツにしてファッションを楽しみたいという読者もいることだろう。

 しかし、ビジネスシーンで、上下で色違いのスーツを着てもマナー違反ではないのだろうか。

 今回は、色が上下別のスタイルでもよいケース、反対にジャケットとパンツを色違いにすべきでないケースをそれぞれみていこう。

上下別の色違いスーツでもOKなケース

スーツの上下別がOKなときは、オフィスカジュアルを実施している企業で勤務する場合

 スーツの上下が色違いでもよい場合は、オフィスカジュアルが許可されたオフィス内で仕事をするときだ。

 この場合でも、上下違うスーツを着用するときに組み合わせの色が不自然でないか確認しよう。

 ジャケットは一般的なスーツと同様、ネイビーや黒にすると初心者も取り入れやすい。

 パンツにも濃いめの色を持ってくるのが無難だ。企業によっては明るい色のパンツでも問題ない場合もある。

 上下別のスーツを着たい場合には、自分の勤め先のルールをよく確認した上で楽しんでほしい。

スーツの上下別ではマナー違反になる場合

スーツの上下別がNGなときは、社外の人と接する場合

 オシャレと思った上下別のスーツも、取引先と会う日には着用しないよう気をつけてほしい。

 しまうこともある。

 上下別のスーツによって、不自然な印象を与え、マナー違反と相手に感じさせては、うまくいく話もまとまらなくなってしまう。

 人の前に出る機会がある日や営業でアポイント先へ出かけるときは、スーツの上下を揃える方が無難だろう。


 ここでは、スーツの上下別で色違いの場合の着こなし方のマナーを紹介した。

 上下別のスーツスタイルは個性を表現するファッションでもあるが、派手な服装ととられることもある。

 場面に応じたスーツスタイルにするよう心がけよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する