1. 朝の早い時間に電話をかけるときのビジネスマナー

朝の早い時間に電話をかけるときのビジネスマナー


朝早く電話をかけることはマナー違反

 始業前や、始業してから30分以内に電話をかけることは基本的にはマナー違反となります。緊急を要する事案や、どうしてもその時間に電話しなければならない場合以外は電話をしないようにしましょう。

どうしても電話をかけなければならない場合は

 緊急の用件で電話をかけなければならない場合は、相手にとってなるべく時間をとらせない事が重要です。焦って電話を掛ける前に、用件や言いたいことをまとめておくのがベストです。

朝に電話をかけるときの挨拶

 朝電話をかけなければならない場合の挨拶としては、「朝早くに申し訳ありません」や、「お忙しいところすいません」という言葉があります。相手が迷惑だと思うような時間に電話をするのですから、挨拶でも配慮を示しましょう。


 ここでは、朝、電話をかけるときのマナーを紹介しました。朝は基本的に電話をかけないようにし、緊急の案件の場合は挨拶と内容をまとめるよう気を付けましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する