1. プレゼン向けの使いやすい英語の表現

プレゼン向けの使いやすい英語の表現


 プレゼンをするということは、ただですら緊張するものです。英語でのプレゼントなると、表現や言い方で相手に違ったニュアンスで伝わってしまわないか心配になるところです。英語でのプレゼンをする際には、前もって段取りを組んで、簡潔に出来るように、相手に伝わりやすいく、なおかつ使いやすい英語の表現が必要に成ります。英語のプレゼンで多く使われる英語の表現とその流れについてご紹介したいと思います。

プレゼンの導入部分

プレゼンを始めるにあたり、本題に入る前の導入部分がとても肝心に成ります。この段階でどれだけ相手の興味を引くことができるかが変わるのです。欧米のビジネスでは、プレゼンにあたり基本は挨拶からです。

 "Good afternoon Ladies and Gentlemen."(みんさんこんにちは)そして自分の名前、会社名、部署名などを紹介してください。欧米では、プレゼンのときに、参加してもらった感謝の気持ち、自分の喜びなど個人的な気持ちを伝えることも、相手の興味を引くにはとてもよい方法です。

 "I woukd like to thank you to be here today."(本日はお越しいただきありがとうございます)
"I would like to thank for your time."(お時間をとっていただいてありがとうございます)など、簡単ですが心のこもったプレゼンをするには大切な切り出しになります。

プレゼンの内容を3つほどに分ける

プレゼンの本題を3つほどのカテゴリーに分けると話がしやすいです。そしてプレゼンにどれほど時間を使うのか予定も伝えると良いでしょう。欧米のビジネスでは、相手の興味をなくさないようにする事が大切です。内容があらかじめタイトルとしてわかっていること、時間がどれほどかかるプレゼンなのか、これを知っているだけでもかなり注目度があがります。

 "The subject of my presentation is our new project."(今回のプレゼンは私達の新しい計画についてです)など、最初にプレゼンの大まかな内容を伝えることが大切です。そして話の進め方は、常にWHY? WHAT?で、疑問を説明していく形でプレゼンするととても簡潔でわかりやすい内容になりますし、英語の表現もそれほど難しくなく出来ると思います。

 "Why did we decide to do this project."(なぜわれわれがこのプロジェクトを決めたのか)

 "Because we belive this is our business chance."(なぜならこれが私達のビジネスチャンスだからです)など、質問形式はとてもわかりやすくプレゼンが進行しやすいです。


 英語ならではのフレーズなどもあるので今のうちにしっかり覚えておき、誤解を招かないようにしておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する