1. 部署や役職が変わってしまったときの名刺の訂正のマナー

部署や役職が変わってしまったときの名刺の訂正のマナー


 部署や役職が変わってしまい、大量に余った名刺をどうすればいいのか困っているビジネスマンの方は多いのではないでしょうか。名刺には、ビジネスシーンにあった訂正の仕方のマナーがあるようです。ここでは、名刺の訂正のマナーについて紹介したいと思います。

これだけは避けたい訂正の仕方

 まず、やってはいけない訂正の仕方として、手書きで訂正するという方法があります。手書きで名刺に筆を入れるのは失礼にあたります。手書きでの修正はやめましょう。

訂正をした名刺の使い道

 名刺の訂正方法としては、訂正箇所を印字したテープを上から貼り付ける訂正が良いでしょう。

名刺の訂正はビジネスマナーという人も

 訂正した名刺を交換することはマナー違反であるという声もあります。はじめて訪問する取引先や、目上の人などには訂正した名刺ではなく、変更箇所がしっかりと印字された名刺を渡すようにしましょう。訂正した名刺は、気心の知れた長年の付き合いのある営業先や、会社内、プライベートで必要になった場合にのみ使うようにしましょう。



 ここでは、名刺を訂正したときのマナーを紹介しました。訂正方法も重要ですが、シーンに合わせた使用法をすることが求められるようです。訂正した名刺を使う必要がある場合は、参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する