1. ビジネスシーンで折り返し電話をお願いされたときのマナー

ビジネスシーンで折り返し電話をお願いされたときのマナー


 ビジネスシーンでの電話応対では、担当者が不在のときなど、折り返し電話をするように依頼される場合があります。折り返しの電話を依頼された時にも、ビジネスマナーがあります。ここでは、折り返し電話を依頼された時のマナーを紹介したいと思います。

相手の情報を確認する

 折り返しの電話を依頼された時に、まず確認したいのが、相手の情報です。電話番号や社名、相手の名前、部署名を確認し、メモをとるようにしましょう。そうすることで、折り返し電話をする際に、連携がスムーズにとれるでしょう。「恐れ入りますが、お電話番号をいただいてよろしいでしょうか」という言葉遣いをすると、相手に情報を聞き出すことができるでしょう。

復唱をして、相手に確認をとる

 「念の為に、復唱いたします。」という形で、相手の情報が正しくメモされているか確認しましょう。間違い電話や、伝達ミスを防ぐことができるでしょう。

終わりの挨拶

 通話を終わる時は、誰が依頼を受けたのかを伝えましょう。「私、〇〇が承りました。失礼いたします。」という言葉で締めると、相手が依頼をキャンセルしたい時などに電話をする相手がわかるので良いでしょう。



 ここでは、折り返し電話を依頼されたときのビジネスマナーを紹介しました。折り返し電話を依頼された人では、かける人と依頼される人の中間に立って中継しますので、しっかりマナーを守り、正しい情報を伝達する必要があります。ここで紹介したことを参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する