1. 営業マンが商談中に「ノート」を活用することで得られる効果

営業マンが商談中に「ノート」を活用することで得られる効果


 営業マンが商談相手と関係性を上手く築いていくためには、商談中の行動が鍵となります。相手の話をしっかり聞いているという姿勢を見せることができれば、それだけで相手は少し心を開いてくれます。

 ここでは、相手との関係性を築くための知っておくと良い、商談中に「ノート」をとることで得られる効果を紹介していきたいと思います。

信頼感を与えることができる

 相手と商談をする際に、ただただ話を聞くのではなくノートを使ってメモをとると、相手は安心感を抱きやすくなり、信頼関係を築きやすくなります。商談中の「笑顔」や「トーク術」も信頼関係を築く上で大切になりますが、それらだけですと相手は安心感を抱きにくいものです。

 自分の話していることをノートにメモを取っている姿勢に、相手は安心感を覚えやすいので、ただ相手の話を聞くのではなくノートを使ってメモをとるようにしましょう。

良質なアウトプットが出せるようになる

 商談中にノートを活用し、メモをとることで大量の情報をインプットすることができます。また、インプット量を増やすことができれば、効果的なアウトプットも行いやすくなります。

 営業マンにとって大切なことは、お客さんから色々と情報を聞いた上で相手が抱く悩みや課題を解決することです。そのため、営業マンには良質なアウトプットが求められています。良質なアウトプットを出すためにも、ノートを活用してみてはいかがでしょうか。


 以上、商談中に「ノート」をとることで得られる効果について紹介してきました。営業マンとして一定の成果を残すためにも商談中に「ノート」を活用してみるのも良いのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する