1. ビジネスシーンにおける名刺の裏に関するマナー

ビジネスシーンにおける名刺の裏に関するマナー


名刺の裏を見たい場合に気を付けること

 名刺の裏を見る行為はマナー違反だと思っている方が多いと思いますが、名刺の裏には、様々な情報が書いてある場合があります。そのため、名刺の裏を見ること自体はマナー違反にはなりません。名刺の裏を見る場合は、「裏をみてよろしいでしょうか」「裏側を拝見します」という言葉があるとなお良いでしょう。

名刺の裏にメモを書いてはいけない

 名刺の裏に会った時の印象や、打ち合わせ内容をメモする人がいますが、それを名刺交換したその場で行うのは失礼にあたります。もしメモをしたいのであれば、会社に戻ってからですとか、相手の目に入らない場所で書くのがマナーです。



 ここでは、名刺の裏に関するビジネスマナーを紹介しました。裏を見るのはマナー違反ではありませんが、裏にメモは書かないようにしましょう。正しい名刺のマナーを守って、より良いコミュニケーションを目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する