1. 二つボタンのスーツの着こなし方のマナー

二つボタンのスーツの着こなし方のマナー


スーツのボタンを留める時

一番下のボタンは装飾品と考える

 二つボタンのスーツの場合、下のボタンは飾りと考えておきましょう。ボタンを留める時も、一番下のボタンは留めないのがマナーです。

立っているときは基本的にボタンを留めるようにする

 特に、会議や重要な打ち合わせで気を付けたいのですが、立っているときは基本的にボタンを留めるのが正しい着こなし方です。ボタンをしっかり留めるように心がけましょう。

スーツのボタンを外す時

 スーツのボタンを全部はずした方が良いシーンとしては、座っている時が挙げられます。座っているときは、基本的にボタンを留めておく必要はありません。よく留めたまま座っている場合がありますが、窮屈に見えますし、マナー違反ですのでやめましょう。



 ここでは、二つボタンのスーツの着こなし方のマナーについて紹介しました。ボタンを留める時と留めない時をに分けて考えると、マナーとして覚えやすいでしょう。スーツを正しく着こなす必要があるビジネスマンは、参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する