1. 着任したばかりの営業マンが取引先に送る挨拶メールの作成方法

着任したばかりの営業マンが取引先に送る挨拶メールの作成方法


 季節の変わり目や、会社によってはある時期になると転勤や配置転換をされることがあるかと思います。その際、営業マンにとって、お客様も初めて接するお客様になります。その際に必ず取引先には新たに着任しましたと言う挨拶のメールを送らなければなりません。しかし、実際の所どのように送れば好印象なのか、または新入社員の方の場合はどのように挨拶のメールを書いて送れば良いのかと悩みどころは多いと思います。そこで今回、好印象を与えるメールの書き方、そして基本的な挨拶メールの書き方を書いていこうと思います。

好印象を与える挨拶メール

 好印象を与えるメールは意外と簡単に作成することができます。メールの文章に自分自身を表現するのです。どういうことか言うと、自身を包み隠さないようにするということです。例えば、私はこんな性格ですと書いたり、あまりお話しすることは得意ではないですが知識や誠意はどの営業マンにも負けませんと言ったようなアピールも良いでしょう。この表現は人それぞれなので、皆様の持っている特長や性格を書き出して挨拶メールに記載するだけで相手にもこの人はこんな人なのかと簡単に想像させることができます。

新人向けの基本的な挨拶メールの作成方法

 新入社員の営業マンに挨拶メールの作成方法を教えている人もいると思いますが、なかなか覚えてもらえないと嘆いていることはないでしょうか。まずは自分が誰なのか、誰の引継ぎなのかを必ず明記するようにしましょう。次に、ここに着任する日を記述し、いつ頃相手先に訪問できるかを一緒に記載することも大切です。お会いできることを楽しみにしています、などの文章を最後に付け加えるのも好印象を与えるコツです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する