1. 営業マンが知っておくべき電話営業の頻度の決め方とは

営業マンが知っておくべき電話営業の頻度の決め方とは


 取引先への電話はアポを取るだけでなく、営業の一種としても確立しています。しかし、しつこすぎてしまったり、メールで送るべき内容を電話で伝えてしまったりなど、考えるべきことも多いようです。では、ちょうど良い電話の頻度とはどのくらいなのでしょうか。

初回の電話は様子見

 電話がしつこいと思われるのは、ガツガツした営業トークです。営業全般に言えることですが、最初の段階では軽い説明程度にとどめておきましょう。そうすることにより、2度目以降の電話営業で相手のニーズを確認しながら商品の説明をすることができます。そこで、数回電話営業をかけたところで反応が悪くなっていくのであれば、諦めればよいでしょう。

ランク分けをして頻度を決める

 顧客をランク分けしてみましょう。
①「購買力はあるが意欲がない人」
②「意欲はあるが購買力がない人」
③「興味自体全くない人」
 このように、簡単に3つに分けることができます。①の人は購買力を持っているので週1程度の少なめの頻度で電話営業をすることにより意欲が湧くかもしれません。②の人は意欲があるので、相談に乗るという形をとって積極的に頻度を増やすことができます。このように、相手によって頻度を変えるというのも重要です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する