1. ビジネスの電話応対をするときのコール数のマナー

ビジネスの電話応対をするときのコール数のマナー


電話のコール数は3回目で取るようにする

 電話のコール数ですが、基本的には3回目で取るようにしましょう。1回目や2回目で取ると、電話がなるのを待ち受けていたような印象を与えてしまい、よくありません。相手が出た時にちょうどよい印象を与える3コールが適当な電話のコール数と言えるのではないでしょうか。

3コール以上鳴らしてしまった場合の対処法

 3コール以上鳴らしてしまった場合は、出るときにまずお詫びするところから入りましょう。「はい」と出るのではなく、「お待たせいたしました」という文から電話にでると良いです。また、さらに長い時間待たせてしまった場合は、「大変お待たせいたしました」というようにすると、マナーとして良いでしょう。



 ここでは、ビジネスの電話応対の中で、コール数に注目してマナーを紹介しました。電話に出る時に待たせてしまうのはマナー違反となるので、しっかりコール数を意識した電話の出方を心がけるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する