1. 営業の種類のひとつ【反響営業】を成功させるためのコツとは

営業の種類のひとつ【反響営業】を成功させるためのコツとは


 営業には新規開拓を行う飛び込み営業から既存のお客様を回るルート営業等の営業の種類があります。そんな営業の種類でも反響営業と言う分野があることを皆様はご存知でしょうか。反響営業は端的に言うと、お客様先にダイレクトメール送ったり、ホームページ上でこのような商品を販売していますといった具合で広告を出し、お客様から購入したいと思わせるような営業方法です。そんな反響営業のコツとはどのようなものなのでしょうか。

見込み客を狙う

 一見簡単に見える反響営業ですが、意外と手間が掛かります。ダイレクトメールの作成のために時間を割いたりホームページに商品を告知しなければいけません。これでは飛び込んで営業を掛けた方が楽なのではないかと思われてしまいそうですが、ある方法を利用すれば効率よく仕事をこなす事ができます。それが、見込み客を集中狙いして営業を掛けることです。見込み客にもある程度購入しようかなと思っているような方にしておきましょう。この商品は面白い、興味を惹かれる程度では購入する意欲はあまりないので時間の無駄です。ある程度アクションを掛けた結果、見込み客だと思う方に新商品としてこのような商品がありますと言ったダイレクトメールや広告をお送りすると、実際に説明を聞いてみたいとお客様から連絡を掛けてくれます。

インターネットを利用して営業を行ってみる

 ダイレクトメールを不特定多数のお客様に送ったり、広告を一から作成するのは非常に疲れてしまい、本当に効果があるのかと疑問に感じてしまいます。そこでインターネットを利用して反響営業をしてみましょう。先ほど紹介したホームページでの反響営業も効果的ですが、中小企業ではなかなか振り向いてくれるお客様は少ないのが現状です。

 そこで、ホームページだけでなく例えばSNSを利用してみるのも1つの手です。例えば社長の呟きを掲載してみたり、SNS上にこんな機材を作ってみました等の情報を掲載すると興味を持った企業から連絡が掛かってくる場合があります。一般の人からこんな面白い機材があると話しが広がり、それが企業に広がって拡販に繋がるのです。是非一度試してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する