1. ビジネスメールで長文を送るときのマナーと工夫

ビジネスメールで長文を送るときのマナーと工夫

ビジネスメールで長文を送るときのマナーと工夫 1番目の画像

 ビジネスメールを送る際、長文になってしまった経験はないだろうか?

 思わず長文メールになってしまった……そんなときのために長文メールを送る際のビジネスマナーをチェックして、相手に失礼のない長文メールを送信しよう。

長文メールを送るときの基本は「タイトルや冒頭に断りを入れる」

失礼のない長文メールマナー①:長文メールの件名は「一工夫」入れる

 長文メールの場合は、タイトルを工夫してみよう。

 例えば「〇〇の件(長文で失礼します)」というようにすると、件名を見ただけで相手に長文であるということを伝えることができる。

失礼のない長文メールマナー②:長文メールの冒頭でお詫びの一文を入れる

 メール本文の冒頭に、「長文ですので、時間があるときにお読み下さい」という一文があると、相手への配慮が伝わる丁寧なビジネスメールになる。

 普段から丁寧な仕事を心がけているビジネスパーソンは、こういったビジネスメールのマナーも覚えておくといいだろう。

長文メールを読んでもらうための工夫

メールの最後or冒頭に重要な項目を箇条書きでまとめる

 長文のメールでは、集中力が続かないため、重要な部分を相手が読み飛ばしてしまう可能性もある。

 必ず読んでもらわないと困る内容は、メールの最後の部分、もしくは冒頭部分に「このメールでは〇〇の件について触れています」という形で抜き出して、箇条書きでまとめてしまうなど、相手に読んでもらうための工夫を施そう。


 ビジネスメールで長文を送る時のマナーは、決して難しいものではない。少しばかり気遣いをするだけでいいのだ。

 長文メールを送る際は相手を配慮する気持ちを忘れずに、ぜひ本記事で紹介したマナーを守ってほしい。

社会人スキルは武器になる!第二新卒の転職活動は、「リクナビNEXT」

ビジネスメールで長文を送るときのマナーと工夫 2番目の画像

 ビジネスメールや基本的な社会人としてのマナーを習得した若手ビジネスマンは、将来性を期待され、企業からのニーズが意外と高い。

 「転職を検討してみたいが、希望の企業がまだ決まっていない」「より条件の良い会社があれば転職したい」など具体的に転職は考えていないものの、次なるキャリアアップのためにいずれは実行したいと思っている人も少なくない。

 そんなときにおすすめなのが、転職エージェント「リクナビNEXT」である。2013年2月に実施された正社員転職者の実態調査よると、転職者の約8割が「リクナビNEXT」を利用している

 5分で簡単に無料登録ができ、人気企業から直接スカウトが来るサービスもあるため、日々の業務や付き合いで夜が遅い若手ビジネスマンでも利用しやすい。

 「転職活動をどう始めればいいか不安」「今の職場から次のステップを踏みたい」という若手ビジネスマンは、ぜひ一度チェックしてみるといい。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する