1. ビジネスメールで長文を送るときのマナー

ビジネスメールで長文を送るときのマナー


 ビジネスメールの中には、どうしても長文になってしまうようなケースがあると思います。長文メールを送るときにも、ビジネスマナーに沿った送り方が存在します。ここでは、そのようなビジネスで長文メールを送るときのマナーを紹介します。

タイトルや冒頭に断りを入れる

タイトルに工夫をする

 長文メールの場合は、タイトルで工夫をするといいでしょう。例えば「〇〇の件(長文で失礼します)」というようにすると、相手に長文であるということを伝えることが出来るでしょう。

冒頭でお詫びを入れる

 メールの本文で言うと、「長文ですので、時間があるときにお読み下さい」という文章があると、相手への配慮が伝わり、良いビジネスメールのマナーと言えるでしょう。

読んでもらうような工夫をする

 長文のメールでは、集中力が続かないため、重要な部分を相手が読み飛ばしてしまう危険性が高いです。話で特に抜けてしまうと困る部分は、メールの最後の部分、もしくは冒頭部分に「このメールでは〇〇の件について触れています」という形で抜き出して箇条書きでまとめてしまうなどの工夫が必要でしょう。



 ここでは、ビジネスメールで長文を送る時のマナーについて紹介しました。長文メールを送る時は読む相手に配慮する必要があります。ここで紹介したような配慮を心がけマナーを守りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する