1. 電話でも伝わる上司への誠意ある謝罪方法

電話でも伝わる上司への誠意ある謝罪方法



 皆様の中にはどうしても契約を取りたいがために、本来であれば会社からはやるなと言われているような方法をとって契約にこぎつけるような行動をする場合があるかと思います。

 すると面白くないのが上司になります。上司はその方法をやめろと上から言われているのですから、部下がそれを無視してしまうと上司が上層部から何を言われるかわかりません。しかし、商談後のため上司とはお会いできないため、電話で謝罪しようにも誠意が本当に伝わるのでしょうか。

いきさつを交えて説明して謝罪する

 謝罪するのは誰にだってできます。大変失礼なことを申し上げますが子供でもごめんなさいと言えばそれは謝罪となります。しかし、皆様は社会の荒波にもまれている社会人です。社会人であれば筋が通った説明をするべきです。

 例えばの話しですが、その場で契約をしてもらうにはあと数十万円ほど下げなければ購入していただけないと言った場合があったとします。上司からは既に安売りはするなと止められているにも関わらずやってしまい、上司を怒らせてしまった場合、皆様であればどのように謝罪しますか。私の部下にもいましたがひたすら謝罪をしてくる、あまり誠意を感じられない謝罪の仕方をよく耳にします。これでは、ただ単に上司や会社の命令を無視しただけで終わってしまいます。

 そのため、なぜこのようなことをしてしまったのか、またはどうしても獲得しておかないと他に取られてしまう可能性があった等の真っ当な理由を言って上司に納得してもらうほうが良いでしょう。

根回しを事前にしておく

 皆様の職場に、上司より階級は低いですが影のドンと呼ばれているような方がいらっしゃると思います。そのような人を怒らせてしまった場合の対処法は、怒らせてしまったらすぐにその方へ連絡することです。

 その際、必ず後で何かしら誠意を見せるためお礼をすることを約束しましょう。影のドンと呼ばれている方々は意外と後のお礼には弱い方々がほとんどです。

皆様の職場にそのような方がいるのであれば、日頃から仲良くしておきここぞと言うときに動いてもらえるようにしておくようにしておきましょう。上司と私との仲介として入ってもらい、後々角が立たないようにしてくださいます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する