1. ビジネスマンが身に付ける腕時計の文字盤の色のマナー

ビジネスマンが身に付ける腕時計の文字盤の色のマナー


 ビジネスマンの身だしなみとして、腕時計は大切なアイテムの1つです。マナーにのっとった腕時計をすることがビジネスマンには求められるのではないでしょうか。ここでは、ビジネスマンの腕時計の中でも、文字盤の色に注目してマナーを説明したいと思います。

ビジネスマンの腕時計はデジタルか、アナログか

 ビジネスマンのする腕時計の中でまず注目したいのが、文字盤がデジタルかアナログかという部分です。マナーとしては、文字盤がアナログのものをしている方がいいでしょう。マナーという意味以外でも残り時間を把握するのに向いているため、ビジネスマン向きの腕時計はアナログのものと言えるのではないでしょうか。

腕時計の文字盤の色のビジネスマナー

選んではいけない腕時計の文字盤の色

 ビジネスマンがする腕時計の文字盤で、NGの色は、カラフルなものや、派手なものです。例えば、ゴールドの文字盤の腕時計は、相手に威圧感を与えるだけでなく、ビジネスにそぐわないアイテムとして、相手に不快感を与えてしまいますのでやめましょう。

マナーとして選びたい文字盤の色

 ビジネスマンの腕時計の文字盤では、白や黒などのモノトーンな色使いのものがマナーに適しているので、選ぶといいでしょう。白にするのか、黒にするのかは、スーツの色や、靴やベルトの色に合わせるといいのではないでしょうか。



 ここでは、ビジネスマンが身に付ける腕時計の文字盤の色のマナーについて説明しました。相手が不快におもうような色でないものを選ぶと、マナー通りの腕時計の文字盤の色と言えるようです。文字盤の色のマナーをしっかりと守り、身だしなみを整えましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する