1. モチベーションがなかなかあがらない営業マンが試しておきたい2つのこと

モチベーションがなかなかあがらない営業マンが試しておきたい2つのこと


 営業は楽しければ楽しいほど努力することを厭わなくなり、行動量が増えます。つまり、モチベーションと営業の成果は比例関係にあるのです。では、その一方でモチベーションが上がらないときはどのようにそれを改善していけばいいのでしょうか。

①考え方のベクトルを変える

 多くの人が、モチベーションが上がれば結果がついてくる、という認識を持っていると思います。しかし、その逆も然りということを忘れてはいけません。もし、モチベーションが上がっていても結果がついてこなければいずれはやる気も下がってしまいます。そうではなく、結果が出ればモチベーションが上がり、良いスパイラルが生まれる、と考えることができれば上がらないモチベーションを持ち直すことができるのです。

②プレッシャーを分散させる努力をする

 一人一人の責任が重くなりすぎてしまうと、最初は良いかもしれませんが、段々とプレッシャーになってしまいます。プレッシャーは多少は必要ですが、ありすぎるとモチベーションを下げる結果に繋がります。そんなときに、営業の成績をチームで計ることができればプレッシャーが分散され、余裕を持って仕事に取り組むことができます。モチベーションがどうしても上がらないというときはチームを組むという提案を上司にしてみるのもありだと思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する