1. ビジネスレターの宛名を訂正するときのマナー

ビジネスレターの宛名を訂正するときのマナー


 ビジネスメールで、返信用のはがきや封筒が付いていた場合、宛名をちゃんと訂正していますか?マナーに沿って訂正しないと相手にとって失礼にあたります。ここでは、ビジネスレターに書いてある宛名の訂正の仕方のマナーを説明したいと思います。

宛先に敬称が付いているか確認する

 返信用のはがきや、封筒がある場合、まず確認したいのははがきや封筒に書かれている宛先に敬称が付いているかということです。「宛」や「行」という言葉が付いている場合は、宛名に付いている「宛」「行」の部分を訂正する必要があります。

宛名の訂正の仕方

宛名を線を書いて訂正する

 宛名の訂正の仕方ですが、「×」のようにするのではなく、「宛」「行」の部分に二重の斜線を入れるようにしましょう。また、斜線は右上から左下に下ろす線の書き方にするのがマナーです。

訂正した宛名に新しい宛名を付ける

 二重線で訂正した宛名の左に新しい敬称を付けます。部署宛てでしたら「御中」、個人宛てでしたら「様」を付けるようにしましょう。



 ここでは、ビジネスレターでの宛名の訂正の仕方のマナーを紹介しました。返信用のはがきや封筒を使う時は必ず使うマナーですので、ぜひ覚えておいて、活用して下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する