1. 営業の説明が苦手な人が意識しておくべき2つのこと

営業の説明が苦手な人が意識しておくべき2つのこと


 営業マンにとってトーク術はある程度身につけておきたいスキルです。しかし、商品やサービスの説明が苦手で悩んでいる人は案外多いのではないでしょうか。今回は、営業での説明が上手くなる方法をいくつかピックアップしていきたいと思います。

①知識不足を解消する

 営業の説明が苦手な人の多くが、知識が足りていないのだと思います。知識というのは、自社の商品・サービスに関するものと顧客ニーズの2つです。この2つについて、しっかり事前知識を持っていれば説明もすらすらと行えるようになるのではないでしょうか。まずは、その知識という面を自分で再考してみてください。

②相手の理解スピードを把握する

 営業での説明は、相手に理解されないと全く意味がありません。仮に、軽快なスピードですらすら喋ることができたとしても、相手の理解が追いついていなければただの言葉にしかならないのです。焦って説明しようとするのではなく、相手が理解しているかどうかを判断しながら段階を追って喋るようにしてみてください。そうすれば、プレッシャーも少なく感じられ、苦手意識の克服に繋がるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する