1. 営業マンが腕時計をしないのはマナー違反になるのか

営業マンが腕時計をしないのはマナー違反になるのか


 ビジネスマン、中でも営業マンにとって腕時計は取引先でも見られるアイテムのひとつです。では、営業マンが時計をしない、というのはマナー違反になるのでしょうか。今回はそこに着目して書いていきたいと思います。

印象を悪くする可能性はある

 最近では、腕時計をつけているか否かで大きな判断を下す人は少ないとは思いますが、一方で、腕時計をつけることはビジネスマンとしては守るべきマナーだ、と主張する人はいます。つまり、つけておいて損はないということです。

年相応のものをつける

 腕時計で不快になることがあるとすれば、若いわりに高級腕時計をつけている、など、年不相応なチョイスをしている場合でしょう。営業先での相手の立場などを考え、自分がつけても印象を悪くしない腕時計というのを事前にチェックしておくことは非常に重要なことだと思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する