1. 【もうすぐバレンタインデー!】職場内でのスマートなチョコレートの渡し方

【もうすぐバレンタインデー!】職場内でのスマートなチョコレートの渡し方



 「バレンタインデー」まで残り1ヶ月を切り、職場内で渡すチョコレートを選び始めているという方も多いのではないでしょうか?職場の人達にどんなチョコレートを渡すかを考えることも大切ですが、それと同時にチョコレートの渡し方も大切になってきます。ここでは、職場内でのチョコレートの渡し方を紹介していきたいと思います。

みんなに同じタイミングで配る

 職場内でチョコレートを渡す際は、みんなに同じタイミングで渡すようにしましょう。二人きりの状態で、それぞれに渡してしまうと相手が変な誤解をしてしまい、後々対応が面倒になってしまいます。

 お昼のタイミングなどを上手く使って、全員に同じタイミングで渡せるようにしておきましょう。

複数人で渡すようにする

職場などで女子が何人かいるなら、個人で渡すのではなくて、なるべくみんなで、数百円から千円程度の金額を負担して、1~数粒入った小振りのチョコをまとめて購入します。お店で用意しているバレンタイン用の包装紙に包装してもらいます。一人だけでなく、みんなで渡すのだから、「義理チョコ」であることは明らかで勘違いの余地はありません。

出典: バレンタインで勘違いされない義理チョコの選び方と渡し方 | nanapi [ナナピ]
 職場内でチョコレートを渡す際は、個人で渡すのではなく複数人で渡すようにすると良いでしょう。そうすることで、バレンタインデーにかかる費用も抑えることができますし、渡すタイミングで迷うこともなくなります。

 また、複数人で渡すようにすれば、変な勘違いをされることもありません。職場内へのチョコレートを買う際は、周りの女性陣と相談してから購入するようにすると良いかもしれません。


 以上、職場内でチョコレートの渡し方について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ここで紹介したポイントを押さえて、スマートにチョコレートを渡せるようになりましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する