1. 間違い電話が会社にかかってきた時の対処のマナー

間違い電話が会社にかかってきた時の対処のマナー


 ビジネスでは、会社に間違い電話がかかってくるシーンもあるのではないでしょうか。間違い電話でも、丁寧な対応をすることがビジネスマナーと言えます。ここでは、間違い電話がかかってきた時の対処のマナーについて説明したいと思います。

マナー違反と言える間違い電話の対応

 間違い電話がかかってきた時に、ムッとして「違います」といって受話器を置いてしまうのはよくありません。相手の印象を悪くするだけでなく、会社の評判も下げてしまうでしょう。

正しい間違い電話の対応のマナー

もう一度自分の会社名を相手に確認する

 まず、相手にこちらの会社名を確認します。「こちらは株式会社〇〇と申します」というように、相手にどこにかけているのかをもう一度確認しましょう。

番号を確認する

 「恐れ入りますが、何番におかけでしょうか?」という形で、電話番号を確認します。相手が書けたつもりの電話番号があっていた場合は、「番号はあっておりますが、こちらは株式会社〇〇の番号となります。もう一度ご確認いただけますでしょうか」という話の仕方をするといいです。



 ここでは、間違い電話がかかって来た時の対処のマナーを紹介しました。間違い電話だからといって、粗暴な態度はとらずに、丁寧な対応を心がけることが重要です。ここで学んだマナーを、間違い電話がかかって来たときの参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する