1. ビジネスマナーに沿った名刺の受け取り方

ビジネスマナーに沿った名刺の受け取り方


 ビジネスマナーの定番として、名刺交換があります。名刺交換の受け取り方が出来ていないと、ビジネスマンとしての印象が落ちてしまうのではないでしょうか。ここでは、ビジネスマナーの中のひとつである、名刺交換の時の受け取り方について紹介したいと思います。

名刺を受け取るときに守るべきマナーの原則

相手の名前や会社名が書かれている部分に指を置かない

 相手の名前や会社名の部分に指を置くのは、大変失礼なことにあたります。指がかからないよう、名刺の余白部分に指を置いて受け取るようにしましょう。

名刺を受け取るときに一言添える

 名刺を受け取るときに「頂戴します」という言葉を添えると、相手に好印象を持たれる名刺の受け取り方になります。

シチュエーション別の名刺の受け取り方

同時に名刺を交換する場合

 同時に名刺を交換するときは、まず、目上の人から受け取るのがマナーですので、役職が高い人と交換する際は先に受け取らないように気を付けましょう。名刺の受け取り方としては、左手で自分の名刺を持ち、右手で相手の名刺の余白部分を持つようにし、交換し終わったら両手で相手の名刺を持つようにしましょう。

相手から名刺をもらう場合

 相手から名刺をもらい、その後自分から名刺を差し出す場合は、両手で名刺を受け取るようにしましょう。



 ここでは、ビジネスマナーにのっとった名刺の受け取り方を紹介しました。ビジネスマナーの基本とも言える部分ですので、名刺の受け取り方には注意が必要なのではないでしょうか。受け取り方を押さえ、正しいマナーで名刺交換をしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する